言い方キツくてすみません。

ライター・編集者の中道薫が仕事以外でつらつら書きます。

Creepy Nutsの「未来予想図」で

1月21日にWWW Xで行われた、SANABAGUN.初となる主催イベント「VS SANABAGUN. Round 1」に行ってきました。

 

ゲストは、tofubeatsとCreepy Nuts。ヒップホップというつながりがありつつも、三者三様ちょっとフィールドの異なるアーティストの共演。観客の反応含めて、非常におもしろいイベントでした。

 

なかでも、個人的に印象深かったのはCreepy Nutsのステージでした。

ようやく生で観られたからというのもありますが、30分強の持ち時間の中で披露した曲は、わずか3曲。普通のライブだったらありえない少なさではないでしょうか。 

もちろん、ただダラダラMCしていたわけでもなく。R-指定の十八番“聖徳太子スタイル”(※お客さんから複数個のお題をもらって、即興でやるラップ)あり、DJ松永の童貞いじりとかターンテーブル裁きありで、2人の魅力や観客が期待している要素がぎっしり詰まった楽しい時間でした。

 

そんな風に盛り上がりまくった会場で、ふとR-指定のMCが始まります。以下は、その一部です(冒頭だけ間に合わず)。 

​日の目の当たらん文化かったやったんすよ、フリースタイルってのは。

まぁ、ラッパーの中でもヒップホップの中でも、めちゃめちゃアンダーグラウンドな文化。めちゃめちゃ好きモノたちがやる文化。
やってるようなやつは変人というか、まぁ日の目も当たらんし、なんの得があんねんと。そんなような場所やったんすよ。すごい局地的なね。

 

そこにパッとスポットが当たって、まぁそっから羽ばたいて行く人も多くなったし、まったく今までバカにしてたような同業者の人とかも、なんかこぞってバトルに参加したりとかバトルのイベントに行ったりとか。
で、全然「ヒップホップ(笑)」とか「ラップ(笑)」って言って、まったく相手にしてくれへんかった別ジャンルの音楽の雑誌やったりが急に取り上げたりとか、メディアがバーッと飛びついてきたりとか。

 

そういうことがいっぱいあって、まぁ正直、俺は結構混乱してるんです。

まぁ、「やったー俺らの時代や!」「やった、ウェイヨー!」ってなってる人も、もしかしたらおるかもしれません。

でも、俺みたいに全然日の目の当たらんときから、「フリースタイルって、バトルってダサいなぁ」ってバカにされながら、ひいては、ヒップホップ好きって言ったとき、日本語ラップ好きになった中学生・高校生の思春期のときに、「ラップ(笑)」「日本語ラップ(笑)」って友だちに結構バカにされたときから、好きでどうしようもないから、自分が一番かっこいい!と思う音楽やから…つって、やってきた俺からしたら、急にこう世の中に手のひらを返されたような、なんかすごい混乱してて。

 

ん? これは喜んでいいのか? いや、でも冬の時代が長かっただけに、全部疑ってかかってしまいます。悪い癖で。

どうせこのブームが終わったら、みんなおらんよになるんやろとか、みんなまたバカにされて、冬の時代が来るんやろ。今だけや今だけや、今だけやから。絶対にこんな浮ついた気持ちになったらアカンと、言い聞かせてしまいます。


まぁ、それは、たぶん、ダンジョン出てるメンバーも全員そうです。

みんな冬の時代越えてきました。んで、今、スポットが当たったからといって、調子乗ってるやつなんて1人もいません。みんな危機感を、危機感をちゃんと感じながらやってます。

 

でも、そんぐらい、やっぱしこの、フリースタイルやバトルってのが魅力的なのは、やっぱしそんなラッパーの生き様同士でぶつかるからです。それがやっぱ世の中に伝わったというのは、そこは嬉しい半面もある。

でも、このブームにやっぱり浮かれずに、俺たちが、やることは、いたってシンプル。

ブームが来てもブームが去っても、いいラップ作って、いいライブして、俺らがおもろいと思うことをやり続けるだけです。

 

だから、急に来た人、急に振り返った大人の人、俺(の周りに)いっぱいいますけど、一番大事にしたいのは、相方やったり、すごい身近におる仲間やったり、大切な人やったり、こうやって観に来てくれてるお客さんやったり、そういう生でしか体感できへんようなことを大事にしていきたいと思ってます。

 

そんな悩みとか葛藤とか、自分の信念の中で、こういう曲作りました。Creepy Nuts最後の曲です。今、このブームの中で、俺がどういう風に思っているか、そういう曲です。「未来予想図」。


Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 未来予想図 【Lyric Video】

 

2016年は空前のフリースタイル、日本語ラップブームの年だったのは明白です。

2015年にスタートした「フリースタイルダンジョン」が火付け役となり、どんどんブームは加速。R-指定が言うとおり、雑誌もテレビ番組もCMも、果ては東京都選挙管理委員会「TOHYO都」なんてイベントまで開催されて(しかも新宿駅前で2DAYS)、日本語ラップ好きとしては感慨深い1年だったと思っています。

でも、ブームというのはいずれ下火になるもの。当然アーティストたちも、いろんなインタビューやMCで、現在のシーンについて考えを述べています。

 


夜を使いはたして feat. PUNPEE -STUTS - Pushin' Release Party

 

これは、昨年6月にKATAで行われた、MPCプレイヤーのSTUTSのデビューアルバム「Pushin’ 」リリースパーティーでの一幕。宇多田ヒカルのリミックスを手がけて、今や世界的な(?)トラックメイカーとなったPUNPEEが客演している「夜を使いはたして」という曲の映像です。

4分10秒くらいから次のようにPUNPEEが喋りだします。

長い夜の話と見せかけて、ヒップホップの不遇の時代を、これから夜明けってそういう曲なの。そういうつもりで聴いて(?)くれるとうれしい。

シーンがデカくなりそうだけど、今少しイケそうだけど、このままでいいのかな?とか、そういう曲。

だから少し寂しいよって、そういう曲です。 

とてつもない勢いで祭り上げられているアーティストも、むしろ、その筆頭にいる人たちだからこそ、単純に喜んでいるわけではないんですよね…。

 

この「夜を使いはたして」でのPUNPEEの語りは、音源からは到底察することのできない背景をライブで吐露した形ですが、「未来予想図」は、誰が聴いても明らかな日本語ラップブームに対する危機感が込められています。

 

Creepy Nutsの1stシングルの「刹那」も近い心境の曲ではあるのですが、これはフリースタイルダンジョンが始まる前の曲だし、どちらかというと、フリースタイルラップバトルの全国大会で優勝したクラスのラッパーなら、その後のバトルで当てはまるような、己との戦いの曲かなと。

そんな「刹那」もそうだし、Creepy Nutsの前作『たりないふたり』収録の「みんなちがって、みんないい。」もそうなんですが、どこかほかのラッパーを皮肉るようなリリックがあるのに「未来予想図」にはない。

フリースタイルラップバトルの頂点に立ち、「フリースタイルダンジョン」のモンスターであるR-指定。周りが文句言えないほどに、卓越したスキルで認められているラッパーとなった今の彼だからこそ歌える、生々しい感情が詰まった1曲だと思います。

(明確な敵というかがいなくなって内向きの戦いになる暗い感じは、個人的にアメコミ映画の2作目っぽい印象です)

 

冒頭のMCが始まるまで限りなくキャッチーで、どんな人でも楽しめるライブを展開しながらも、最後にこれをやってステージから去っていくCreepy Nutsに、思いっきり中指を立てられたような気がしました。

 

自分のようなにわか日本語ラップ好きとしては喜ぶべきことに、盛り上がり続けている日本語ラップシーンですが、今年はどうなることやら…。本気でYouTubeでひたすら動画を観てる場合じゃないんですよね。音源買ったりイベント行ってグッズ買ったりしないと、自分の好きなアーティストが誰もいなくなっちゃうかもしれん。

ただ、どんな未来を迎えるとしても、「未来予想図」という曲は、何年後かに日本語ラップ史や音楽史にとって、重要な意義を持つ曲になるんじゃないかなと勝手に思っています。

 

助演男優賞

助演男優賞

 

今日のBGM:Creepy Nuts「未来予想図」

 

それでは、またの日まで。

歳を重ねるほどに

先週末、高校の同窓会に行ってきました。

 

私が通っていたのは、私立の理系大学の付属高校で、学年の約7割が付属中学からエスカレーター式に進学してくるというところでした。

医者の息子や娘たちと、うっかり合格してしまった私なんかでは、すべてが違いすぎると思っていました。頭の出来も、経済的にも。

その結果、まともに友だちと呼べるのは、3年間で女の子1人だけ。今は懐かしき、パカパカの2つ折り携帯電話には、同じ高校の異性の連絡先は1つもありませんでした。

正真正銘めちゃくちゃぼっちだったし、高校時代=暗黒時代です。

 

先日ふとFacebookで友だち申請が来たと思ったら、そんな高校の同窓会に誘われて、これまでなら間違いなく断っていたけど、参加してみることにしました。

10年経ったら何か変わっているかも。あの頃は見落としていた気が合う人が現れるかも…。という都合のよすぎる期待は、見事にぶっ潰されました。

 

当時浮いていたコミュニティに10年越しに入るなんて、自他ともに認めるコミュ障の私にできるわけもありません。冗談抜きで参加者の9割くらい「お前誰だっけ」ってなってた気がします。

「同窓会で再会したことがきっかけで、新しい出会いがある」というのは、積極的にコミュニケーションを仕掛けられない私のような人間には、幻想であるとわかりました。

参加費5,000円はいい勉強代になったと思いたい。

 

むしろ、比較的仲が良かった人も含めて、結婚して子どももいてという人の多いこと多いこと…。普段の生活だと既婚者か適齢期前の人ばっかりなので、これがアラサーというやつかと身をもって実感しました。

結婚している同級生=高卒で働いていた女の子だったはずなのに、大学まで卒業していても、もう“普通に”結婚している時期に到達していたのです。友だち少ないから気づかなかった。

同窓会で昔話に花が咲く…というよりも、実際の話題は近況だったりして。

そうすると、結婚生活のことなんですよね。ましてやママたちは子育ての話で盛り上がっていて。未婚で彼氏なしの自分は、何も話せることがありませんでした。土俵違いすぎて、むしろ聞きたいことすら思い浮かばないくらい。

 

先日発表された流行語大賞で、「日本死ね」がトップテンに入ったことに賛否の声が上がっていて、Twitterを眺めていたら「子育てしたこともないやつは黙ってろ」という意見が流れてきました。

大人になるほど、世の中で“普通”とされている物事を経験していないことで、口を噤む機会が増えていくのだろうか。

もちろん、こんな風にはっきり「黙ってろ」と言う人ばかりじゃないけれど、少なからず「経験してないから言える」「そんなことも経験していないの」とか感じてしまう部分は誰でも心の中にあるように思います。

私だって、たとえば「ずっと実家暮らし」と言われると、「一人暮らししたことない人はわからんだろうけど~」って気持ちになってしまうし。

 

初めて「たとえ好きな相手でなくても結婚・出産しようかな」と思った出来事。

これはネガティブな方向からだけど、その前日に『この世界の片隅に』を観たとき、ポジティブな意味でもこう思ったのでした。ネタバレになるから映画については別でまとめます。

 

今日のBGM:コトリンゴ「悲しくてやりきれない」

 

それでは、またの日まで。

パンモロよりパンチラがいい

連休終わっちゃいましたね。死ぬかと思うくらい寝ました。

 

3月はアホみたいに働きました。今の会社に入って丸2年ちょいですが、初めて土日まったく休みませんでした(自主出勤です)。

なんでかって言うと、2月に先輩が退職して、自動的に「トゥギャッチ」の編集長が不在となったのが主です。

ちなみに、「トゥギャッチ」は弊社ノオトとトゥギャッター社が共同運営しているTwitterニュースサイトでございます(宣伝)。

 

togech.jp

 

辞めた先輩は仕事への熱意がすさまじい人でした。先輩がいつもベッド代わりにしていた会社のソファとクッションに、怨念のようにニオイが染みついている気がします。うそです。

私は入社してから2年間ずっと追いつこうとしていたけど、それは叶わず勝ち逃げされた感じです。これは本当です。

で、そんなメディアの柱がいなくなっても、トゥギャッチは動いています。もちろん、力を貸してくださるライターさんたちや読んでくれる方あってこそ。ひたすら感謝していきたいです。

 

togech.jp

 

最近、自分が関わった仕事で一番笑ってもらえた記事。

日西さんのまとめ力(ぢから)が光って、常人とまったく違う価値観を持つバンドマンの元カノさんたちの考えが整理された気がします。

企画の発端は、私がバンドマンと付き合ったことだったので、あの経験は無駄じゃなかったなーうんうん。座談会を聞いて、「私は2度とバンドマンとは付き合わないな」と確信しました。

 

そんな感じで、最近さらにいろんなライターさんと接するようになって思い出したのは、「才能の前にひれ伏したい」という感覚。

たとえばミュージシャンでもそうだけど、どんなにクズだろうと社会不適合者だろうと、その人が作ったものに鳥肌が立つならすべて許せてしまう。そんな瞬間ってありませんか? 冨樫先生とか岡村靖幸氏とか。

少なくとも私はそういう一瞬を味わうために、その一瞬をできるだけ多くの人にも突きつけたくて、編集者に憧れてたんでした。そうだったそうだった~すっかり忘れてた!

世の中のさまざまなコンテンツを作っている人はどうなんですかね。そういう傲慢な想いってあるのでしょうか? ライター論とか編集論はよく耳にする昨今ですが、こういうのは耳にしない気がします。言う必要がないからですかね。

 

パンツがモロに見えるよりもチラ見えのほうが興奮するように、本音が全開だと見せられた側はどうにも居心地が悪いものですね。

 

話が脱線しましたが、この仕事を初めてまだ2年ちょい。経験を積んでもこんな気持ちが仕事の原動力になっていたらいいなーと思います。精進するしかないです。押忍。

 

今日のBGM:STUTS「夜を使いはたして feat. PUNPEE」

 

それでは、またの日まで。

金沢の激オススメ観光スポット「金沢蓄音器館」をご存じかしら?

かしら、かしら、ご存じかしら?

11月3日はレコードの日ですね。それにちなんだお話を。

先日、大学の一人卒業旅行ぶりに石川県金沢市に行ってきました。
弊社の自社メディア「品川経済新聞」が加盟する「みんなの経済新聞ネットワーク」の年イチの集まりに参加するためです。
 
「みんなの経済新聞ネットワーク」。通称、みん経は全国各地にあるローカルニュースネットワークです。
シブヤ経済新聞を本部に、横浜や博多天神、さらには香港やシンガポールといった海外を拠点とするメディアもあります。
お住まいの地域やお勤めのエリアをチェックしておくと、思わぬ発見があるかも?
(宣伝終了)
 
4年ぶり2度目の金沢滞在が決まった時点で、どうしても行きたかったのが「金沢蓄音器館」です。
金沢随一の人気観光スポットである「ひがし茶屋街」から徒歩圏内にある、小さな小さな博物館。ノープランの一人旅でふらりと立ち寄って、大好きになった場所です。
 
f:id:k_wo:20151028104029j:image
今回は同期2人と訪問。私も記念写真を撮ってもらったのですが…
 
f:id:k_wo:20151103121814j:image
喜びすぎて顔が完全に狂人のそれだし、同期も写真下手くそすぎる。
 
建物は、1階に受付と休憩所を兼ねたホールがあり、2階と3階が展示スペースという構成です。最上階には、LPレコードの試聴スペースもあります。小ぶりな博物館ながらも約600台の蓄音機と2万枚に及ぶSPレコードが収蔵されています。
 
そもそも「蓄音機とかSP・LPとはなんぞや」という方もいるかもしれませんね。
乱暴な言い方をすると、蓄音機は“電気を使わないレコードプレーヤー”のことです。ぜんまい駆動でレコードを回転させ、ホーンで音を増幅するというハイパーアナログ仕様。
そして、SPレコードが音源ですね。盤に刻まれた溝に音が記録されており、針で引っ掻くと鳴ります。
近年のアナログレコードブームはビニール製のLPレコード(いわゆるバイナル)ですが、SP盤はカイガラムシという害虫などを原料に作られていました。LP盤よりも硬くて割れやすいんだとか。材質のほかに再生時の回転スピードも違うので、同じサイズでも1枚に記録されている時間が異なります(12インチ片面でSP=約5分、LP=約30分)。
日本では、SPレコードは1963年に生産終了となりました。
 
f:id:k_wo:20151103121638j:image
順路は最上階からスタート。3階はこんな感じです。小型の蓄音機が並び、エジソンが発明した蝋管式蓄音機も展示されています。
(館内は撮影不可ですが、館長さんから許可をいただくことができました。やさしい!)
 
f:id:k_wo:20151103123413j:image
明治〜昭和期に製造された蓄音機。意外とコンパクト設計だと思いませんか? それぞれのマシンは時代などで装飾が異なっていて、眺めるだけでも結構楽しめます。
 
f:id:k_wo:20151103123440j:image
2階には大小さまざまな蓄音機がズラリ。こちらでは、1日に3回10台の筐体を使った聴き比べが体験できます。
私たちが行ったときは試奏までかなり時間があり、館長さんが「聴き比べまでいられないでしょうから、ポータブル蓄音機でぜひSPレコードの音を聴いてみてください」と、特別に曲をかけてくださいました。こういう心遣いも「金沢蓄音器館」が大好きな理由の一つです。
しかし、聴き比べまで待つことにしました。実は、前回来たときも試奏を途中からしか聴けず、悔しい思いをしていたのです…。
 
念願の聴き比べはもう最高におもしろかった! クラシックから歌謡曲までいろんなレコードをかけてもらいましたが、音質のせいもあってかどの曲もノスタルジック。当時の一戸建てと同じ価格という蓄音機が奏でる音色は、なんとも優雅な響き…のような気がしてきますね。音楽もレコードも詳しくない私でも、純粋に楽しめるイベントでした。
ちなみに、「金沢蓄音器館」の公式サイトではYouTube動画で聴き比べができますが、私としてはぜひ生音を味わっていただくことを強くオススメしたいと思います。そもそも動画だとあんまり意味をなしてないような…(笑)。
 
普段はもっぱらiPhoneでばかり音楽を聴いているので、劣化しない“最低限の高音質”が当たり前になっていました。聴くたびに少しずつ摩耗していくレコード。不便ではありますが味があっていいものですね。単なるスピーカーやイヤホンというよりは蓄音機は楽器と似ている気がします。
 
レコードはどんなに大切に扱っても、いつかその1枚は音が飛んで聴けなくなってしまいます。「金沢蓄音器館」もこれまでに何枚ものSPレコードを聴きつぶしてきたそう。
全世界でSPレコードの生産が終了していたら、この聴き比べはあとどのくらい続けられるんでしょうね。調べても海外の情報が見つからず気になっています。とりあえず、2万枚もあれば私が生きているうちは安泰ですかね!
 
それでは、またの日まで。

アタックチャァアンス!

ライターになりたいと思ったきっかけは、遡れば高校時代に読んだ「ROCKIN'ON JAPAN」だった気がします。

 

その当時、BUMP OF CHICKENが大好きだったので、彼らのインタビューや記事が載っているものをひたすら買っては読んでました。

でも、痛烈に記憶に残っているのは銀杏BOYZ峯田和伸氏の3万字インタビュー。


ゴイステ時代から青春パンク特有の歌詞もうるささも苦手で、銀杏もロクに聴いたことがなく…。

表紙の峯田氏の顔は目が異常にデカくて正直怖かった。でも、読んでぐんぐん引き込まれました。

単純に峯田氏のエピソードが強烈だったし、作っている音楽の背景や根底にある感情が見えたような気がしたんです。

(ジャージで初体験の予行演習をしたという話が最高)

 

そして、GEOに行って『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』と『DOOR』を借りました。やっぱりめちゃくちゃうるさいけど、めちゃくちゃ好きな曲を見つけました。


銀杏BOYZ-BABY BABY - YouTube

今ではカラオケの十八番。

 

そんな3万字インタビューのように、アーティストや作品と出会うきっかけになるものを作れる人、その素晴らしさを引き立てる人になりたいナァーと思ったのでした。

ただ、私は音楽に関してきわめてライト層だったので、浪人中にソッコーで諦めました。TOKYO FMSCHOOL OF LOCK!」の「夢がない」というテーマの放送回で、長文の鬱メールをしたためて出演させてもらったのはいい思い出です。

 

結局、紆余曲折を経て中途でノオトに入社。編集者・ライターになったものの、カルチャー方面のお仕事はまったくご縁がないままでした。

ここまで来たらどうにかならんものかと、今夏は「音楽文化のつづり方」というライター講座に通ってみましたが、余計に「音楽ライターになるのはハードル高いな…」という実感が強まるばかり。

(専門ライターの方々の知識とアンテナは私のような職業ライターとは比べものになりません)


とかぐだぐだ悩みまくっていましたが、とりあえず第一歩を踏み出しました。

人生何が起こるかわからなすぎ。アタックチャンスがいつ来るかなんて読めないから、いつでも「やります! やれます!」と挙手できる状態でいるのも大切ですね。アピール含め。

今後は上記の「V.I.P. Press」でちょこちょこ執筆や編集をさせていただく予定です。「会いたいあのひとを身近に」というコンセプトが気に入っています。

欲を言えば文化的にも価値ある記事を作りたいと思っていますが、まずは読んだ人の出会いのきっかけになることを目指していく所存です。押忍。

 

それでは、またの日まで。