言い方キツくてすみません。

ライター・編集者の中道薫が仕事以外でつらつら書きます。

映画「心が叫びたがってるんだ。」感想…青春はメンヘラだ

なるべくネタバレなしでいきたい映画のざっくり感想。

今回はこちら。


興収10億円突破の『あの花』スタッフが贈る感動作『心が叫びたがってるんだ。』予告編 - YouTube

 

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の製作陣が手掛けた「心が叫びたがってるんだ。」(ここさけ)です。

あの花」は未見ですが、物語の舞台は2作品とも埼玉県秩父市だそう。予習しておいたほうがより楽しめそうな匂いがしますね。


そんな「ここさけ」は、ざっくり言うと、「言葉で人を傷つけてしまった」*1トラウマで、会話ができなくなった少女の話。

 

テーマが明確なうえにゆったりと進むので、「今日はちょっと疲れちゃったな…。だらっと映画でも観たいな」ってときに向いてます。ボーッとしていてもちゃんと理解できる、はず。

 

都市開発(失敗気味の)埼玉の片田舎、スクールカースト、母子家庭の鍵っ子、DTM研究会などの設定はイマドキっぽさもあって、リアリティを感じやすいですね。

細部まで作り込まれた作画や仕草などの演出も手伝って、わりとスムーズにストーリーに入っていけます。

 

本筋ではないのですが、主要キャラの一人・野球部エースの田崎くん周りの話がなかなかよいのです。しかも、結構みっちりやります。

もうここだけで「青春群像劇」という謳い文句に偽りなし。青少年の葛藤を描くときに、野球部ほど万人に受け入れやすいものってないかもしれません。

 

しかし、残念ながら作品全体としては、起承転結の「転」以降が本当にひどかった…。

 

「ものすごく丁寧に舞台背景や人物描写をしていたら、尺が全然足りなくなっちゃった!」って感じの尻すぼみ感がすさまじいです。

 

f:id:k_wo:20151005025941j:plain

 「てへぺろっ」てな感じで、この映画監督*2の顔がよぎりました。

 

キャラクターたちがいきなり結末に向け、露骨に舞台装置として動き出す様に、思わず顔が引きつるレベル。「みんなエスパーかよ!」ってツッコミたい衝動に駆られます。

 

しかも、いきつく先がとんでもなく凡庸なエンディング。力技で持って行くなら、もっとしっかりした展開を用意しておいてほしいものです。

オチも観客の期待を裏切ってからの(という展開が逆に手垢にまみれている)、なんとなーくハッピーエンドを演出して終了というのが癇に障る…。

 

個人的に、これは「青春群像劇」じゃなくて「文化祭マジック」ですね。本編よりも田崎くんエピソードのほうが、ちゃんと「青春群像劇」してます。

 

なかなかのレベルで“個人的クソ映画”でしたが、公式サイトによると、映画通満足度97.4%*3、女性満足度96%*4らしいです。

Twitterやレビューアプリでも、私の知人含めて「よかった」という声を目にするので、ハマる人のほうが多いかもしれません。思春期にこういう経験をしているかの差なのでしょうかねぇ。

 

こき下ろす感じになってしまいましたが、後半の主人公と主要キャラ・坂上くんのの厨二っぽさは、気持ち悪さがしっかり青春というか思春期らしくてよかったです。

「旧エヴァ」オマージュ全開なので、腐れシンジくんに感化された元・厨二の方は、ちょっと気恥ずかしい黒歴史を思い出せるかと。時代は移ろえど、青春はメンヘラです。

 

劇中の音楽はとても素晴らしかったです!

エンドロール見る限り、ほとんどの楽曲をクラムボンのミトさんが担当されていました。サントラがもう発売されているので、こちらはチェックしてみたいと思います。

 

息抜きのつもりで書き始めたのに、だいぶ時間を割いてしまいました。

 

それでは、またの日まで。

*1:実はこの表現はあまり正しくないです。実際は、主人公が「見たものを不用意にしゃべってしまった」ということが引き金になって、大切な人から言葉で傷つけられます。

*2:羽海野チカ先生「ハチミツとクローバー」6巻より。ピーター・ルーカス監督。

*3:Filmarks試写会調べ

*4:cinemacafe.net独占試写会調べ